士別市立多寄中学校 本文へジャンプ
いじめ防止基本方針

《士別市立多寄中学校いじめ防止基本方針》


はじめに

 いじめの問題への対応は学校における最重要課題の一つであり、学校全体が一丸 となって組織的に対応することが大切である。いじめを受けた生徒は、教育を受ける  権利を著しく侵害され、心身の健全な成長や人格の形成に重大な影響を与えるもので ある。
 いじめは学校の存続に関わる重大な課題であることを改めて認識し、いじめを決し  て許さない学校を築くために「士別市立多寄中学校いじめ防止基本方針」を策定した。

1 「いじめ」の定義

 「いじめ」とは、生徒に対して、当該生徒が在籍する学校に在籍している等、当該生  徒と一定の人間関係にある他の生徒が行う心理的または物理的な影響を与える行為 (インターネットを通じて行われるものを含む)であって、当該行為の対象となった生徒 が心身の苦痛を感じているものをいう。


2 いじめ防止に関する基本理念

 (1) いじめは、すべての生徒に関する問題である。すべての生徒が安心して学校
    生活を送り、様々な活動に取り組むことができるよう、学校内外を問わず、いじ
    めが根絶することを主たる理念に据える。
 (2) すべての生徒がいじめを行わず、いじめを認識しながら放置することもないよ
    う、いじめ防止等の対策は、いじめが、生命・心身に深刻な影響を及ぼす許さ
    れない行為であることを生徒が十分理解できることを主たる理念に据える。
 (3) 学校は、いじめを受けた生徒の生命・心身を保護することが特に重要であるこ
    とを認識し、関係機関等と連携して、いじめ問題の克服を目指すことを理念に 
    据える。


3 具体的ないじめの態様 

 ● 冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる。
 ● 仲間はずれ、集団によって無視される。
 ● 軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする。
 ● ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする。
 ● 金品をたかられる
 ● 金品を隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする。
 ● 嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする。
 ● パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる。        等


4 学校として

 (1) 未然の防止対策

  @ 全校朝会等を通じて「いじめは絶対に許されない」ことの理解を促す。
  A 道徳等の指導を通じて豊かな情操や道徳心、お互いの人格を尊重しあえる態度
    など、心の通う人間関係を構築する。
  B 生徒会活動において「認め合い・高め合い・磨き合える」活動の充実を図る。
  C 校内での「いじめ防止対策委員会」を機能させ、「いじめ」の未然防止に努める。
 
 (2) 早期発見・早期対応
  @ アンケートや教育相談を実施し、その結果から、生徒の変容を確実に把握する
  A アンケートの結果等は教職員で共有し、一貫した指導体制を構築する。

 (3) いじめへの対処
  @ いじめを受けた生徒の安全を確保し、事実を確認した上でいじめを行ったと 
    される生徒を適切に指導する。
  A 保護者や教育委員会と連絡・相談を行い、事実に応じて関係機関と連携する。
  B 保護者との連携を密にし、理解と協力を求めていく。


5 保護者・関係機関との連携

  社会全体で生徒を見守り、健やかな成長を促すため、保護者・関係機関との連携
  を進める。
  @ 生徒の変化等に気づいたら、すぐに相談することの大切さを保護者に伝え連
    携の絆づくりに努める。
  A 関係機関(警察・児童相談所・医療機関等)との適切な連携を図るため、平素
    より士別市教育委員会及び保護者との連絡・相談等を密に行い、情報の共有
    化を図る。


6 校内組織 
 
 いじめ防止等の対策推進を図るため、公務分掌に特別委員として「いじめ防止対策 委員会」を設置する。構成は、教頭・教務主任・生徒指導主事・道徳教育推進教師・養 護教諭とする。


7 学校関係者組織

 いじめ防止等への効果的な取組をするため、学校関係者いじめ防止対策委員会を 設置する。構成は、校長・教頭・学校医・学校評議員・民生委員とする。