士別市立多寄中学校 本文へジャンプ
いじめ防止基本方針

《士別市立多寄中学校いじめ防止基本方針》

はじめに

いじめの問題への対応は学校における最重要課題の一つであり、学校全体が一丸となって組織的に対応することが大切である。いじめを受けた生徒は、教育を受ける権利を著しく侵害され、心身の健全な成長や人格の形成に重大な影響を与えるものである。

いじめは学校の存続に関わる重大な課題であることを改めて認識し、いじめを決して許さない学校を築くために「士別市立多寄中学校いじめ防止基本方針」を策定した。

1 いじめ防止に関する基本理念

いじめは、全ての生徒に関する問題であり、全ての生徒が安心して学校生活を送り、さまざまな活動に取り組むためにも、学校の内外を問わず、根絶に向けて努力することが重要である。

また、すべての生徒がいじめを行わず、いじめを認識しながら放置することもないよう、その防止等の対策においては、いじめが、いじめられた生徒の心身に深刻な影響を及ぼす許されない行為であることについて、生徒が十分理解できるようにすることが必要である。

そして、いじめの防止等の対策は、いじめを受けた生徒の生命・心身を保護することが特に重要であるため、家庭、地域、市その他の関係機関との連携の下、社会全体でいじめの問題を克服することをめざして行われなければならない。

2 いじめの定義

「いじめ」とは、生徒に対して、当該生徒が在籍する学校に在籍しているなど、当該生徒と一定の人間関係にある他の生徒が行う心理的または物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって、当該行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。

個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的にすることなくいじめられた生徒の立場に立つことが必要である。

具体的ないじめの態様は、以下のようなものがある。

◎ 冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる。

◎ 仲間はずれ、集団による無視をされる。

◎ 軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする。

◎ ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする。

◎ 金品をたかられたり、隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする。

◎ いやなことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする。

◎ パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる 等

これらの「いじめ」の中には、犯罪行為として取り扱われるべきと認められ、早期に警察に相談することが重要なものや生徒の生命・身体または財産に重大な被害が生じるような直ちに警察に通報する事が必要なものが含まれる。

3 いじめの要因

いじめの要因を考えるに当たっては、次の点に留意する。

◎ いじめは、生徒同士の複雑な人間関係や心の問題から起こるものであり、いじめの芽はどの生徒にも生じ得る。

◎ いじめは、単に生徒だけの問題ではなく、家庭環境や対人関係など、多様な背景から、様々な場面で起こり得る。

◎ いじめは、加害と被害という二者関係だけでなく、はやしたてたり面白がったりする「観衆」の存在、周辺で暗黙の了解を与えている「傍観者」の存在や、学級や部活動等の所属集団の閉鎖性等の問題により起こり得る。

◎ いじめは、一人一人を大切にした分かりやすい授業づくりや、生徒の人間関係をしっかりと把握し、全ての生徒が活躍できる集団づくりが十分でなければ、学習や人間関係での問題が過度なストレスとなり、起こり得る。

◎ いじめは、生徒の発達の段階に応じた「男女平等」、「子ども」、「高齢者」、「障がいのある人」、「LGBT」などの人権に関する意識や正しい理解、自他を尊重する態度の育成、自己有用感や自己肯定感の育成を図る取組が十分でなければ、互いの違いを認め合い、支え合うことができず、起こり得る。

4 いじめの解消

いじめは、単に謝罪をもって安易に解消とすることはできない。いじめが「解消している」状態とは、少なくとも次の2つの要件が満たされている必要がある。

ただし、必要に応じ、被害生徒と加害生徒との関係修復状況など他の事情も勘案して判断するものとする。

① いじめにかかる行為が止んでいること

被害生徒に対する心理的または物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)が止んでいる状態が相当の期間継続していること。この相当の期間とは、少なくとも3か月を目安とする。ただし、いじめの被害の重大性等からさらに長期の期間が必要であると判断される場合は、この目安にかかわらず、より長期の期間を設定するものとする。

② 被害生徒が心身の苦痛を感じていないこと

いじめにかかる行為が止んでいるかどうかを判断する時点において、被害生徒がいじめの行為により心身の苦痛を感じていないと認められること。被害生徒本人及びその保護者に対し、心身の苦痛を感じていないかどうかを面談等により確認する。

いじめの解消の見極めにあたっては、学校や保護者のほか、「学校いじめ対策委員会」を活用し、必要に応じて専門家を含めた組織で判断することが大切である。

上記のいじめが「解消している」状態とは、あくまで、一つの段階に過ぎず、「解消している」状態に至った場合でも、いじめが再発する可能性やいじめを受けたことによる心理的な影響が容易には消えない場合も十分にあり得ることを踏まえ、学校や家庭(保護者)は、当該いじめの被害生徒及び加害生徒については、日常的に注意深く観察する必要がある。

5 いじめ防止等のための施策

(1) 学校におけるいじめの防止等の対策のための組織

① いじめ対策委員会の設置

学校は、法第22 条の規定に基づき、「学校いじめ対策委員会」を組織する。「学校いじめ対策委員会」の役割の主なものとしては、以下のようなものが想定される。

◎いじめの早期発見のため、いじめの相談・報告の窓口としての役割

◎ いじめの疑いに関する情報や生徒の問題行動などに係る情報の収集と記録、共有を行う役割

◎ いじめが解消に至るまで被害生徒の支援を継続するため、支援内容・情報共有・教職員の役割分担を含む対処プランを策定し、確実に実行する役割 等

委員は、教頭、教務主任、生徒指導主事、道徳推進教師、養護教諭、及び該当学年担任とする。

② 学校関係者組織の設置

いじめ防止等への効果的な取組をするため、必要に応じて「学校運営協議会」を活用する。

6 学校におけるいじめの防止等に関する措置

(1) いじめの防止

① 全校朝会等を通じて「いじめは絶対に許されない」ことの理解を促す。

② 「特別の教科道徳」をはじめ、人権を尊重すること、人を傷つけないこと、自他の命を大切にすることや互いに思いやる心を育て、ルールやマナーを守るなどの規範意識を身に付けるため、様々な機会を通じて道徳教育の充実を図る。

 ③ 生徒会活動や体験活動を通して、自他を尊重する心や自尊感情を高めるため必要な取り組みを行う。

④ 校内での「学校いじめ対策委員会」を機能させ、「いじめ」の未然防止に努める。

(2) 早期発見・早期対応

① 定期的なアンケートや教育相談を実施し、その結果から,生徒の変容を確実に把握する。

②  アンケート結果等は教職員で共有し、一貫した指導体制を構築する。

③ 生徒や保護者の悩みを受け止めることができる相談体制の充実を図る。

④ 定期的な会議を開き、問題行動や支援を要する生徒の情報を共有する。

(3) いじめへの対処

いじめの発見・通報を受けた場合には、特定の教職員で抱え込まず、速やかに組織的に対応し、被害生徒を守り通すとともに、加害生徒に対しては、当該生徒の人格の成長を旨として、教育的配慮の下、毅然とした態度で指導する。これらの対応については、教職員全員の共通理解、保護者の協力、関係機関・専門機関との連携の下で取り組む。

① いじめられた生徒から、事実関係の聴取を行う。その後、迅速に保護者に事実関係を伝え、当該生徒の見守りを行うなど、いじめられた生徒の安全を確保する。

② いじめたとされる生徒からは事実関係の聴取を行い、いじめがあったことが確認された場合、速やかに、いじめをやめさせ、再発を防止する措置をとる。また、事実関係を聴取したら迅速に保護者に連絡する。

③ いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものと認めるときには、いじめられている生徒を徹底して守り通すという観点から、ためらうことなく警察に相談・通報する。

(4) 保護者・関係機関との連携

社会全体で生徒を見守り、健やかな成長を促すため、保護者・関係機関との連携を進める。

①  生徒の変化等に気づいたら、すぐに相談することの大切さを保護者に伝え連携の絆づくりに努める。

②  関係機関(警察・児童相談所・医療機関等)との適切な連携を図るため,平素より士別市教育委員会及び保護者との連絡・相談等を密に行い,情報の共有化を図る。